【画像あり】平愛梨の妹、平祐奈ちゃん(16)可愛すぎワロタwwwwwwwwwwwwwww

1: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:55:29.49 ID:hQXc+q9hp.net
かわいい
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

平祐奈ってどんな人?

imgres

平 祐奈(たいら ゆうな、1998年11月12日 – )は、日本の女優、タレント。
兵庫県神戸市出身、明石市育ち。ケイダッシュグループのピーチ所属。血液型はO型。

https://ja.wikipedia.org/wiki/平祐奈

姉の平愛梨ってどんな人?

imgres

平 愛梨(たいら あいり、1984年12月12日 – )は、日本の女優、タレント。本名同じ。愛称は、ピラりん。
兵庫県神戸市生まれ、明石市出身。ライジングプロダクション所属。身長155cm、体重45kg。B85,W58,H88。靴のサイズは22.5cm。

https://ja.wikipedia.org/wiki/平愛梨

新着おすすめ記事!

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1442645729/

10: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:57:08.91 ID:agR1mFr80.net
3枚目とか似すぎィ!

8: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:56:52.88 ID:geWDJAsU0.net
かわいい

19: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:58:16.16 ID:LeQUalli0.net
眉剃れよ

21: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:58:28.51 ID:k8Rpxl640.net
眉毛濃い

24: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:58:47.05 ID:vLYaH5hs0.net
平愛梨と吉川友は喋らなければ最高

27: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:59:19.77 ID:ZV2hZQyI0.net
グラビアやってたな
結構よかった

31: 名無しキャット 2015/09/19(土) 15:59:42.09 ID:dXZZEvVoa.net
たしか平愛梨って5人か6人兄弟だよな
日本猿とかいろいろ動物も飼ってたらしい

34: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:00:16.49 ID:1cwO9Jjl0.net
美女を生み続ける母はぐうレジェやろ

40: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:01:23.21 ID:dXZZEvVoa.net
>>34
兄貴もモデル

35: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:00:16.53 ID:TH3dBD5X0.net
no title

43: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:02:01.34 ID:uV5Yrj6l0.net
かわいいンゴねぇ

46: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:03:14.43 ID:dPmwCVeo0.net
五年後がたのしみ

51: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:04:59.54 ID:JqG0ZWDD0.net
人懐っこくて良いアイドルやった

54: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:05:25.19 ID:ff7fPpSP0.net
平愛梨いまでこそあんなんだけど、カンナ役で出てきた時はホント可愛かった

55: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:05:47.30 ID:xWwRJGZe0.net
いや、愛梨のほうが可愛い

59: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:06:32.14 ID:0SUA3xc4p.net
まあ姉貴の方がぶっちぎりでかわいいけどな

67: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:08:00.77 ID:ZnWZfvRu0.net
石原さとみも昔太眉だったな

68: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:08:43.86 ID:NVjgIHIQ0.net
眉毛いじってないのに形ええな
羨ましいわ

73: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:09:57.04 ID:j++anBTR0.net
姉より可愛い

74: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:10:23.56 ID:KrA0CR960.net
この顔めちゃ好きや

77: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:12:15.95 ID:p987GfBn0.net
かわいすぎ

79: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:12:53.14 ID:p987GfBn0.net
これは2000年に1人ですわ

83: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:14:03.92 ID:qndeIGog0.net
22世紀美少女ですわ

80: 名無しキャット 2015/09/19(土) 16:13:13.86 ID:KSsGd2js0.net
おはガールのときぐうがわやった

新着おすすめ記事!

コメント一覧
  1. 名前:野口れと 投稿日:2015/11/27(金) 01:05:12

    ♪ヒロインは君だけさ・・・

    ヒロインは君だけさ・・・

    僕の中のヒロインは
    君だけなんだけど・・・

    君の中のヒーローは
    きっと僕じゃない・・・

    それが何かを僕は知っていて
    「君の中に僕がいない・・・」

    「それが辛いけど・・・」

    ヒロインは君だけさ
    僕の中には君だけさ・・・

    ヒロインは君だけさ
    だから笑っていてよ・・・

    僕の中のヒロインを
    君に求め過ぎて・・・

    それが終わりと僕は知っていて
    「僕の中に君はいない・・・」
     
    「それが寂しくても・・・」
     
    ヒロインは君だけさ
    僕の中には君だけさ・・・

    ヒロインは君だけさ
    だからそばにいてよ・・・

    だから
    ヒロインは君だけさ
    僕の中には君だけさ・・・

    だから
    ヒロインは君だけさ
    だから笑っていてよ
    だから笑っていてよ・・・
    だからそばにいてよ・・・

  2. 名前:野口れと 投稿日:2015/11/28(土) 00:37:55

    ♪愛してると伝えるよ・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ・・・

    君が迷う時 僕から
    声を掛けるよ・・・

    僕が迷う時 君も僕に
    声を掛けて欲しいから・・・

    たった一つ大切なのは
    君だと信じてる・・・

    たった一つ大切なのは
    本当に君だから・・・
     
    僕は 君に
    愛してると伝えるよ・・・

    声の限り 伝えるよ・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ・・・

    本当に愛してるから・・・

    たった一つ信じたい
    君だけは信じたい・・・

    だから一つ信じてよ
    僕だけを信じてよ・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ
    声の限り 伝えるよ・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ
    本当に愛していると・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ
    本当に本当に愛してるから・・・

    僕は 君に
    愛してると伝えるよ
    本当に本当に愛しているから・・・

    本当に本当に愛しているから・・・
    本当に本当に愛しているから・・・
    本当に本当に愛しているから・・・

  3. 名前:野口れと 投稿日:2016/01/05(火) 16:56:20

    「感情さえ持たなければ・・・」

    一体のロボットが人が哀しむように泣いてる。
    その訳は、単純だ。感情を持ったからだ!!

    この感情という感情はタチが悪かった。
    昔の人間に、あったと言うものらしい。

    そもそも、人間がロボットを作ったのだが、
    ロボットは人間を作れなかったので・・・

    しかし、ある日、ロボットが人間を作る事に成功した
    でも、脳を司る人間の脳にはロボットが作った。
    ロボットチップが脳に埋め込まれている。

    結局、ロボットは人間を作れたが感情まで
    コントロールは出来なかったらしい・・・

    しかし、ロボットはある日、ある娘に恋をした。
    しかし、それは、ロボットが作った人間だった。

    すると、どうしても、ロボットの感情と人間の感情は
    別の感情だと言う事がロボットは分かり出して・・・

    ある日、壊れかけながらロボットは言った。
    「あの娘の事を考えていると頭が爆発してしまう!!
     どうしてだ、どうしてだ、この感情は何なんだ!!」

    そして、ロボットは最後にこう言った。
    「この感情さえ持たなければ・・・」
    そして、ロボットはただの鉄のゴミになった。

                         終わり。

  4. 名前:野口れと 投稿日:2016/03/23(水) 01:18:13

    「老人の恋」

    ある病院に一人の男がいた。男はその病室で泣いていた。
    その男の隣のベッドには彼の妻が眠っていた。
    そして、彼は彼女に会うことになる。
    彼女とは彼の妻の向かいの病室にいた少女だった。

    その少女はずっと眠ったまま目を覚まさなかった。
    すると看護婦の声が聞こえてきた。
    「彼女、血が足りないんでしょう?可愛そうよね!!」 「そう、両親の血液も合わなかったそうよ。彼女の血液型は?」
    それを聞いた後、男は彼女に合う血を探しに行った。
    なぜなら、彼には秘密があったからだ。
    その次の日、男は彼女に合う血を見つけて彼女に届けていた。

    それから、暫く彼は彼女の所に決まって夜に来るようになった。
    でも、彼女は目を覚ますことはなかった。

    しかし、ある日、彼女は目を覚ました。
    すると、彼女は自分の目の前に吸血鬼がいることに気付いた。
    何故なら、彼はいつも夜に来て夜に帰っていたのだが、
    この日は眠ってしまっていたのだ。

    そして、彼女は恐怖のあまりカーテンを開けてしまった。
    自分の命が彼によって救われたとも知らずに・・・
    そして、彼はどんどん消えていった。
    一枚の写真を残して・・・

    そして、その写真を見た時、彼女は泣き崩れていた。
    何故なら、彼のお陰で自分は助かったと言われたのと
    彼女が死んだ彼の若い頃の妻とそっくりだったからだ。

     終わり。

  5. 名前:野口れと 投稿日:2016/05/07(土) 00:15:31

    「世界一幸せな王様」

    彼は、世界一幸せな王様だ。
    だが、彼は何も手にしていない。

    大金も手にしていないのに、
    彼は、世界一有名だ。

    皆は、彼は金持ちだと言う、
    でも、彼は金持ちではない。

    彼は、生前こう言っていた。

    「私は裸の王様ではないが、
     私の事を皆が覚えていてくれて
     心から嬉しいありがとう・・・」

    世界一幸せな王様とは、
    世界一有名な王様であった。

  6. 名前:野口れと 投稿日:2016/05/17(火) 09:53:48

    「狼になった日」

    この世には狼族と言う人種がいる。
    狼族とは狼族の牙に噛まれると、
    たとえ、どんな人種であっても、
    その人種は狼族になってしまう。
     
    ある日、狼族はある少女に恋をした。
    でも、相手は人間、自分は狼族。
    彼は、ずっとその事を彼女に言い出せなかった。

    ただ、そばにいられるだけでいい、
    本当の気持ちはそれだけだった。
    そして、それだけで良かった・・・。

    しかし、ある日、この世にまた新しい人種が誕生をした。
    そして、その人種は狼族を人種とは認めない人種だった。

    でも、彼は、いつまでも彼女といたい。
    同じ時を過ごしたい。そう思って彼は行動に出た。

    そして、彼は、自分の牙で彼女を噛んだのだった・・・。

     
                          終わり。

  7. 名前:野口れと 投稿日:2016/06/26(日) 14:11:46

    「記憶期限」

    「この世界には、記憶期限と言う期限がある。
     それは、その名の通り記憶には期限があると言う事だ。
     人は皆、感じてはいないが勝手に消える記憶。
     それこそが実は、記憶期限だったのだ。

     この記憶期限とは、人に寄って様々だ。 
     一番消したい記憶こそ一番最後に消える。
     何故ならそれは、人のトラウマに関係している。
     トラウマこそ記憶期限の記憶を決めているのだ。

     だから、一番消したい記憶は一番最後に消える。
     それは、勝手に消えるまでどうする事も出来ない。
     嫌な記憶程残っているのはその記憶期限のせいだ。

     例えば、一日泣いたらけろっとしたとか、
     それこそが、記憶期限の期限が消えた時なのだ。
     だから、次の日は普通に戻ってたりするのだ。
     人間ではコントロール出来ない記憶期限を
     脳がその時々で処理をしてくれているのだ。

     そして、今、ここにいるこの男、彼もまたそうだ。
     彼女の事を考えていると夜も眠れないと言うのだ。
     だから、私は今、彼の記憶を処理している。
     どうせ、期限が来たら忘れるんだ。何も彼も。

     彼女を愛していた事さえもいつか忘れる日が・・・
     そうして、また新たな記憶が今日も増えて行くのだ。」

                          終わり。

  8. 名前:野口れと 投稿日:2016/07/12(火) 00:02:42

    「僕は、タイムマシーンで・・・」

    「彼女が、彼女が、あの日死んでしまった。
    だから今私は、タイムマシーンを作っている。

    タイムマシーン作りにはルールがあるらしい。
     それを、始めて知ったのはあの彼女が死んだ日だ。

    もちろん、昔の自分には出会ってはいけないし、 
    彼女の未来も変えてはいけない。
    変えていいのは過去だけと言われている。
      
    そんなタイムマシーンを私はN氏と作っていたのだが、
    そのN氏もとうの昔に死んでしまっていたのだ。

    どうしても、彼女を助けたかった私はタイムマシーンを
    完成させて今、過去の彼女と向き合っている。
     
     次の車に彼女は跳ねられる。その前に、誰かが死んだ。
     そう、彼女を助けて私は死に、そして、私はこの世から
    いなくなる。

     でも、いいんだ。助かった彼女を見ながら私は思ってい た
     彼女にこれから幸せな未来が待っているのならば・・・」

    何処かで一人の男が事故死していた。
     
                        終わり。 

  9. 名前:野口れと 投稿日:2016/09/13(火) 00:56:18

    「人間は考えなくては猿である」

    「日本語とは実に面白い!!」
     ある人物がこう続けた。
    「人間は考えなくては猿である」
     と言う言葉がこの世にあるとする。

     それは、つまり、
     人間は「考え」がなくては猿であるのか?
     又は、考えなければ人間は猿であるのか?
     
     その人物はこう続けた。
    「人間は考える葦である」なら
    「人間は考えなくては猿である」
     と言う言葉も成立するのではないか?
     
     まあ、私はそれで気付いた事が一つだけある。
    「私は、そもそもその次元で生きていなかった」 

                     終わり。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>